読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水曜日はフェルトへ

今は自分語りしか出来ない…

現金はいくら持ち歩けばいいんだ

お題「今日の出来事」

 

今日、たくさんの蟻を殺してしまった。

無用な殺生はしたくないけど、私のiMacのキーボードの隙間からワラワラとたくさんの蟻が出てきて、ちょっとしたお祭り騒ぎになっていて、ギャー!!と叫び声をあげる代わりにティッシュでまとめてポイした。

PC触りながら飲食しないのになんでだ。

虫を取り巻く環境だけはアパート住まいが恋しい。

蟻の大群の映像を頭の中から消したい。ぞわっとする。

 

今日は歯医者に行った。

詰め物が取れて通っていて、今日はいよいよ詰める日だった。

奥歯とはいえ銀歯になるのは嫌だったので、保険効かなくていいから白いの詰めてくれとお願いしていた。

ちょっとした微調整だけで見事なフィット感。最高。

さて支払いだ。

前もって3万円かかると言われていたけど、カード払いOKと言われていたので財布の中身なんて気にもしていなかった。

しかし、それとは別に保険のきく内容の治療もして、それは別で2300円現金で支払ってくださいとのこと。

財布を覗くと現金1000円のみ。

受付のお姉さんの、えっこの人2300円持ってないの?!という驚いた顔が辛い。

すみませーん、恥ずかぴー、とつぶやきながら、ATMまで走った。保険証を人質に。

普通に事なきを得たけど、やっぱり病院に行くときは現金は持っておくべきだと痛感。

年末にも別の病院でやらかしてしまったところなのに。

私のかかりつけの内科の医院がカード払いOKで、その感覚でいたけど、そんなに当たり前ではないんだな。

帰路で先ほどの歯科医院から着信が。

受付のお姉さんだ。次回は6000円ほどかかるからご準備を、というとても親切な電話だった。ホロリ。

自分の支出を1円逃さず記録したくて、できるだけカード払いにしてきたけど、せめて1万円は常に財布に入れておくようにしよう。

 f:id:Feltrinko:20170113165615j:image

写真はドンクのガレット・デ・ロワでーす!

実家の母が毎年持ってくるやーつ。

フランスの新年を祝うアーモンドのパイだそう。

大勢でワイワイと切り分けて、陶器の人形が入ってたら当たりー!とキャッキャするやつのようです。

このドンクのやつはアーモンドの実が当たり。

我が家は夫婦と1歳児の三人。1歳児にアーモンドはまだ早い!という苦渋の決断により、二人で4日かけて食べました。1日ひと切れずつ。

4日目にようやくアーモンドが。ちょうど切り分けた断面にあって、アーモンドが多い方を夫が譲ってくれました。(夫が切り分け係してくれていたので)

去年は夫が当たりを引いて、私が悔しがったのを覚えていたのかな。

二人で半分こすると、必ず多い方を私にくれる夫。

そしてその積み重ねが二人の体に如実に…。

来年こそは当たりを引きたい。来年は娘も解禁かな。