水曜日はフェルトへ

今は自分語りしか出来ない…

秋は静かに恐怖に震えたい!

今週のお題「読書の秋」

 

今年の夏はたくさんブログ書くんだ…と思っていたら、もうすぐ10月。

毎回冒頭は同じことばかり書いている。

少しは学び、それを生かしたい。

いやしかし9月から人生が楽しくなってきた。

なんでなのかは分からない。

好きなものとかやりたいことがシンプルに絞れてきたからだろうかね?

いやしかし分からない。

 

f:id:Feltrinko:20170928141352j:plain



読書の秋。

本を買うだけ買って積んで、もう30冊以上手をつけてないままの本があるのに、またジャケ買いしてしまった。

本当は、11月に公開されるスティーヴンキングの『IT』の原作を買いに行ったんですけど。

置いてなかった…。

近所のジュンク堂、前は公開中や公開予定の映画の原作を置いてるコーナーがあったような気がするんだけど、なくなっていた。

私の気のせいかな?それとも見落としていたかな?

エイリアン:コヴェナント」は公開初日に行ってきたけど、リドリースコットに、おいこのジジイと言いたい。

そういうのはブレードランナーでやってね?

いえいえ、大好きです!

ただ、チェストバスターのことは忘れたんですか?

ノベライズまだ未読なんで、読んでおきますね。

 

あと、『懐かしの名作恐怖映画大解剖』は何この表紙!ダサい!なんか安っぽい!誤植とかいっぱいありそう!たまらない!最高!と、即買い。あの日、本屋に行かなかったら買ってなかった…。

中の文字は読んでませんが、写真眺めるだけでときめきます。

 

黒沢清監督の「散歩する侵略者」観に行きたい。

WOWOWでやっているスピンオフの「予兆」がめっちゃ面白い。

東出さんいいですね。

シネマライカムさん、お昼にも上映してくださーい!

 

 

 

 

 

梅雨が明けたぞー!

沖縄は梅雨が明けた。

今年の梅雨は、梅雨入りした数日こそ雨が降ったものの、その後は例年通りに雨は少なかった。

なんて思っていたら、明ける前の1週間はものすごい大雨で、大雨洪水警報連発の低気圧どんよりデイズで思いきり体調を崩してしまった。

20代の後半から30代の前半は、いつも梅雨の低気圧による偏頭痛に悩まされていたなあ。ここ数年ほどは妊娠出産育児で大変だったけど、偏頭痛からは解放されていた。

今年の梅雨の低気圧はものすごくて、めまいと吐き気で立つことも出来ないほどだった。耳も痛いし。めまいってこんなにぐるぐる回るの?というくらいで、ずっと嵐の海を渡る船の中にいるようで、ひどい乗り物酔いをしている感覚の中で生活していた。

地獄であった。

しかし!梅雨も明けたよー!元気だよー!

体調も良いし、雨で遠のいていた客足も少しずつ戻ってきたかな?

毎年6月が一番過酷だ。体調も生活も。

まぁそのことはすぐに忘れて、6月が来て思い出す。毎年それの繰り返し。

でもその後にはビールが美味しい夏が来る。

今年も来たー!

 

f:id:Feltrinko:20170624103522j:image

写真は、我が家の家事室。

キッチンだった部屋を家事室に。

涼しさと静けさを感じられる、私の癒しの空間である。

最近ちょっとごちゃついてるけど、ここは余白を残しておきたいなー。

梅雨の間も頑張ってくれた洗濯機アンド乾燥機を労ってメンテしてあげよう。

 

30代最後の夏!

もう色んなことを正しく思い出すことは放棄した。

昔の自分を取り戻そうと必死こくのもやめた。

そんなもんどこにもないし、昔の自分って考えたら恥ずかしいし!

脳みそ壊れてポンコツになったのは仕方ない。

手に届く範囲のことを誠実に。

自分の小さな世界を磨き上げて、社会とか世間との通気性を良くしていけばいいかな。

その小さな球体の中に集中していると、前よりも楽しいと思えることが多くなった気がする。

マルチタスクは放棄して、シングルタスクをたくさんやる方が私には合っている。な。

 

油断するとすぐにポエってしまうな。

 

いっぱい遊びたいから、いっぱい働くぞー!

明日は家族と友達親子と一緒にイベントだー!

 

 

「シャイニング」は下巻しか読んでいない

前回からもう3ヶ月が経とうとしている。

もうすでに大体忘れている。

娘は4月から家から徒歩2分の認可保育園に通っている。

私はどうにかお店をリニューアルオープンして、毎日夕方までお店に立っている。

夏頃にはきっと落ち着いているはず。

ビールのことや本のこと、いっぱい書けているはず。

来月からはヨガ始めたり、TOEICの勉強したりするんだ…。

f:id:Feltrinko:20170518100927j:plain

映画観たい。家でも観れてない。最後に映画館で観たのは「This Is It」と思い出して、めまいがした。どれだけ行けてないの。

生まれて初めて映画館で観たのは「グーニーズ」。

いや待てよ?ジョーズ3かな?

叔母にジョーズ3かジョーズ’87 復讐篇のどちらかを観に連れて行ってもらった憶えはあるけど、どちらか思い出せない。

どちらのあらすじも読んでみたけどわからない。

憶えているのは、映画の途中から入ったのでさっぱりストーリーがわからないということと、なんでこんなに恐ろしい映画を小学生に観せるんだ、怖いじゃないか、でもまた連れて行って欲しいから黙っておこう、ということだ。

叔母に連れて行ってもらったのがジョーズ3なら、私の初映画館で映画鑑賞はジョーズ3、そうじゃないならグーニーズ、ということになる。

当時は入替制じゃなかったので、叔母は適当な時間に入ってそのまま次の上映まで観る、というスタイルだった。

私はきちんと最初から観たかった。

でも人にはそれぞれ楽しみ方があるのだから、と黙っていた。

 

中学生の時に、「限りなく透明に近いブルー」という本を朝の読書時間に読んでいたら、先生にこういう本を読むのは早いと言われた。

あれこれ言われるのが嫌だった私は、「シャイニング」を貸してくれると言う同級生から借りてそれを読んだ。

下巻だった。

トーリーはさっぱりわからないけどとにかく読んだ。

そのうち上巻も貸してくれて、上巻読んだらわかるんだろう。

でもまだ読んでいない。

映画も観たけどよくわからなかった。

キューブリックの作品は、どれもこれも実はよくわからない。

大体眠くなる。

 

今年はシャイニングを上巻からきちんと読んで、キューブリックの映画版とスティーヴンキング脚本のドラマ版と見比べたりしたい。

 

下巻から貸してくれた同級生に、のちのちに何故下巻から貸したのか?ときくと、単純に間違えた。言ってくれたら上巻持ってきたのに。とのことだった。

ですよねー。

 

 

 

46年前の酔っ払い

今週のお題「私のタラレバ」

 

私の父は、外資系銀行に勤めていた。20代で融資部長だった。首席で大学を卒業し、将来有望だった。

親子で飲みに行くと、酔った父が上記の話を自慢して聞かせた。というような事は一度もない。母や、家に遊びに来た父の同級生の方々が、父の離席時に聞かせてくれた。

父が私に聞かせてくれる話といえば、マグロ漁船に通訳として働いていた時のちょっとした冒険譚や、新婚旅行時に母が行方不明になってフィリピンの地元警察と一緒に必死で探し回った事、ベトナムのエビ養殖と環境問題など。あとは植物の品種改良の話とか。

サラリーマン時代の話はそういえば聞いたことがなかった。

 

途中まで書いて、また時間が経ってしまった。もうお題の時期からだいぶ過ぎてしまったけど、せっかくなので最後まで書く。

 

父はお酒が大好きだった。家で酔って暴れるといったことは一度もなかったけど、夏の日にリビングで全裸でいびきをかいていた事が一度だけあった。思春期だった私はしばらく父と口をきかなかった。

父が大学生の頃は、教会で通訳のアルバイトをしていたそうだ。牧師さんの説教を、二日酔いで適当に訳したこともあると笑っていた。

初任給で高級なお店に飲みに行き、一晩で全部使ってしまったという話も聞いた。復帰前の沖縄で、警察の抜き打ち手入れがあり、客はみんな隠れて裏口から逃げたとか。

そんな父は46年前、お酒を飲み過ぎてしまい、空港まで行ったもののキャンセルして違う便に乗ることにした。

キャンセルした便は、墜落した。乗員乗客は全員死亡。

その翌年、沖縄は日本に返還され、復帰した。

父は辞職した。病院の事務局長を、という話も辞退した。そして母と結婚した。

父が酒飲みじゃなかったら、私は存在しなかったな。というのは私のタラレバ。

父が事務局長になっていたら…というのは母のタラレバ。

父はこの件に関して何も言わない。

75歳になった今も、毎日店番して居眠りしては本を読む。

 

もうすぐ2歳児のならし保育、奮闘中

年明けの1月4日から保育園に通い始めた1歳11ヶ月の娘。

ならし保育の進捗状況や、2歳目前の娘のかわいいところやかわいくないところなどを書き留めておく。

ちょっと立ち止まって振り返ったり、ゆったりとした気分で先のことを少しだけ考えたりしたい。

 f:id:Feltrinko:20170124153202j:image

ちなみに写真は心折れそうな時に食べた沖縄そばである。店主1人で切り盛りするタイプのオシャレな沖縄そば屋さん。オススメ!美味しかったよ!

 

ならし保育が始まった最初の週は、親子ともにウキウキしていた。

2時間限定なので、ちょっとだけお出かけして楽しい事してたらママが迎えに来る。何これ楽しい!状態だったのか、とにかく娘は毎日機嫌が良かった。そんな様子を見ていた私は、おお、これは楽勝かもしれない…と、これまた毎日機嫌が良かった。

翌週は12時半のお迎えになった。給食が始まった。やったーー!毎日の献立考え地獄が1食分減ったよー!しかもちゃんと栄養バランスの取れた食事を保育士さんと一緒に食べるんだ!連絡帳には毎日完食って書かれてるし、うれしー!

私は私で、1人で適当な昼食を、テレビ観ながら食べたり、スマホ触りながら食べたり、とお行儀悪い事も気兼ねなくできるー!と幸せいっぱいだった。

14時半お迎え。お昼寝も始まった。家ではなかなか寝付くまでに時間がかかるけど、保育園では割と素直に寝ている模様。

15時半お迎え。おやつまで食べて帰るようになった。おやつを食べ終わったら母親が迎えに来ている。ご機嫌。ここまでは本当に順調だった。

f:id:Feltrinko:20170131150931j:image 

16時半お迎え。ここから娘の壮絶なイヤイヤが始まった。ちょっと大げさか。

お迎えが16時半になってからというもの、朝起きてから夜寝るまでの間でいうことをきいてくれるのはごはんを食べる時だけ。

起きるのイヤイヤ。テレビ見せてくれないとギャーギャー。オムツ替えイヤイヤ。歯みがきもイヤ。お着替えもイヤ。車に乗るのもイヤ、チャイルドシートは全力で拒否。

保育園に着いてからもなかなか建物に入ってくれず、おだてたりなだめたり変なテンションで変な声を出したりして、どうにか連れ込む。

30分以上かかる時もあった。

帰ってからも…(略)

16時半お迎えになって1週間。まだ朝は全力で嫌がるし、帰りは帰りで車に乗りたがらずでチャイルドシートに乗せるまでにお互いヘトヘトになってしまう。

もう私1人では厳しいぞ!と夫に訴えて、作戦変更。

朝から両親揃って必死に娘をおだててちやほやして太鼓持ち。気持ちよくチャイルドシートに自分から座ってご満悦。

今までは保育園に着いてからが長かったけど、夫に娘を抱っこしてもらって強制的に先生に引き渡し。(ジタバタ力が強くて私1人では対応できなかったため)

今生の別れか、という勢いで泣いて暴れる姿を見るのはしのびないけど、これ、帰りは帰りたくないと暴れるのよね…。

今日はベビーカーで迎えに行く予定。チャイルドシートよりは嫌がらないはずなので、大丈夫だと信じたい。

朝も今までより1時間早く起きて準備するようにした。夫婦で娘を保育園に送り届けた後は、私は夫を職場まで車で送っている。

 ----------

1月19日に書き始めたのに、いつの間にか2月になっているではないか。

娘のイヤイヤの合間を縫って、5月に職場復帰する準備もしているからね!

地獄の2週間を乗り越え、娘は少しグズるけども手に負えないというほどではなくなった。 

私と夫は今までより1時間早く起きるようになった。娘に気持ちの余裕が伝わるのか、朝の支度に際してかなり協力的になってきた。ツインテール結びとかできるようになって、かなり可愛い。

お迎えも、20分早く出るようにした。チャイルドシートに乗る乗らないで疲弊するのが嫌なので、ベビーカーを押して20分歩く。

こうするようにしてからは、朝のグズグズが本当に減った。

言わなくても分かる、なんて事はないので、しつこいくらいに言葉にして声をかけ、意識をさせる。

笑顔。形だけでも笑顔。気持ちも笑顔になる。娘も笑顔になると、もう自然に笑えるから大丈夫。形だいじ。…と毎日自分に言い聞かせている。

朝、保育園で娘と笑顔でバイバイできて、帰りは車で迎えに行く。これができるようになったら、とりあえず私の中のならし保育は終わり。今月はどうかなー。

娘のかわいいところ書くの忘れていた。

イヤイヤ期だからか、私に何でも「ダメ!」と言ってくる。でもダメがうまく言えなくて「まめ!まめ!」と言って私の足にかじりついてくる。夕飯の支度の時にされるとじゃまくさい時もあるけど、まめ!がかわいくてニヤニヤしてしまう。

というか、だいたい、ほぼかわいい。

私の鼻ほじりを真似するのだけはやめてほしい。私もやめるから。 

 

 

朝はパンとシリアルとヨーグルト…もっと食べたい

今週のお題「朝ごはん」

 

朝はメニュー考える余裕もないし、もう一年くらいこんな感じだ。

 f:id:Feltrinko:20170116171133j:image

いつもはこれにレタスをプラスして、パンに挟んでマヨネーズかけて食べている。

目玉焼き派だったけど、1歳11ヶ月の娘に卵焼きをあげるようになったので、卵二つで焼いて三人で分けて食べるようになった。

プレーンヨーグルトには、レシチンという顆粒のサプリと冷凍ブルーベリーとイチゴをトッピング。これをグリグリ混ぜて、オールブランのフレークを足していただきます。

なんて書いているけど、ヨーグルト以外は全部夫が担当。ありがとう我が夫よ…。

ブルーベリーとイチゴをいい感じに散らせた日はかわいいなぁとテンションがあがるんだけど、夫は首をかしげる。

娘は嬉しそうにしているので、きっとかわいくできた日は喜んでいるに違いない!

 

f:id:Feltrinko:20170116171142j:image

ちなみに娘バージョン。

かわいいやちむんの食器は割られてしまったので、それ以来割れない食器を使用。丈夫が一番!

 

毎朝6時半に起きてるのに、出かける9時にはいつもバタバタ。

もっと時短したい。

 

自分自身は酒とタバコとエロとバイオレンスのみで構成されていると思っていた。今はそのどれも持ち合わせていないけど、生きていけるもんだなぁ。

この先はコーヒーとおならとうんことして生きていけたらなぁ。

朝食も朝の過ごし方もまだまだ余地がたっぷりあるからやりがいがあるな。宿題。

 

 

 

現金はいくら持ち歩けばいいんだ

お題「今日の出来事」

 

今日、たくさんの蟻を殺してしまった。

無用な殺生はしたくないけど、私のiMacのキーボードの隙間からワラワラとたくさんの蟻が出てきて、ちょっとしたお祭り騒ぎになっていて、ギャー!!と叫び声をあげる代わりにティッシュでまとめてポイした。

PC触りながら飲食しないのになんでだ。

虫を取り巻く環境だけはアパート住まいが恋しい。

蟻の大群の映像を頭の中から消したい。ぞわっとする。

 

今日は歯医者に行った。

詰め物が取れて通っていて、今日はいよいよ詰める日だった。

奥歯とはいえ銀歯になるのは嫌だったので、保険効かなくていいから白いの詰めてくれとお願いしていた。

ちょっとした微調整だけで見事なフィット感。最高。

さて支払いだ。

前もって3万円かかると言われていたけど、カード払いOKと言われていたので財布の中身なんて気にもしていなかった。

しかし、それとは別に保険のきく内容の治療もして、それは別で2300円現金で支払ってくださいとのこと。

財布を覗くと現金1000円のみ。

受付のお姉さんの、えっこの人2300円持ってないの?!という驚いた顔が辛い。

すみませーん、恥ずかぴー、とつぶやきながら、ATMまで走った。保険証を人質に。

普通に事なきを得たけど、やっぱり病院に行くときは現金は持っておくべきだと痛感。

年末にも別の病院でやらかしてしまったところなのに。

私のかかりつけの内科の医院がカード払いOKで、その感覚でいたけど、そんなに当たり前ではないんだな。

帰路で先ほどの歯科医院から着信が。

受付のお姉さんだ。次回は6000円ほどかかるからご準備を、というとても親切な電話だった。ホロリ。

自分の支出を1円逃さず記録したくて、できるだけカード払いにしてきたけど、せめて1万円は常に財布に入れておくようにしよう。

 f:id:Feltrinko:20170113165615j:image

写真はドンクのガレット・デ・ロワでーす!

実家の母が毎年持ってくるやーつ。

フランスの新年を祝うアーモンドのパイだそう。

大勢でワイワイと切り分けて、陶器の人形が入ってたら当たりー!とキャッキャするやつのようです。

このドンクのやつはアーモンドの実が当たり。

我が家は夫婦と1歳児の三人。1歳児にアーモンドはまだ早い!という苦渋の決断により、二人で4日かけて食べました。1日ひと切れずつ。

4日目にようやくアーモンドが。ちょうど切り分けた断面にあって、アーモンドが多い方を夫が譲ってくれました。(夫が切り分け係してくれていたので)

去年は夫が当たりを引いて、私が悔しがったのを覚えていたのかな。

二人で半分こすると、必ず多い方を私にくれる夫。

そしてその積み重ねが二人の体に如実に…。

来年こそは当たりを引きたい。来年は娘も解禁かな。